<< 大野耕太郎・西村和 作陶展 2017札幌個展 >>

百々蔵の御挨拶

お別れです。

昨日11月10日、百々蔵さんとお別れの朝でした。
病を抱えてはおりましたが、その進行に気付かないかの如く、緩やかに老いを重ねてくれました。
いつものように「おはよう」と抱いて、お顔を拭いたらスッと消えてしまいました。
大往生。でも、わかっていたら、もっと大きな声で名前を呼んだのに。

家族同様に愛情を注ぎ、見守って下さいました多くの皆様に、心より御礼申し上げます。
本日お空へ旅立ちましたが、ダサくてトロい百々蔵さんは、
今もまだ寄り道しながら、休憩しながら、モソモソと昇っている最中でしょう。
親バカなので、ひとりで天国まで行けるのかさえ心配です。がんばれ。
きっと、百々蔵は皆様の元にコソコソご挨拶に伺います。
小脇がくすぐったい時は、百々蔵さんがちょんちょんとご挨拶。
ちょっと笑顔を見せていただけましたら幸いです。

d0081001_22562320.jpg
「ありがとうございました。」


[PR]
by nagi-pott | 2017-11-11 23:06 | Comments(4)
Commented by きゃらとゾフィのmama at 2017-11-12 21:18 x
百蔵さん。
最初我が家と出会ったのは、オフ会でした。
おとやんが、「すごいデカいのがいた」と、興奮して言ってたのがアニキでした。
どこで出会っても風格があって、なんだかドキドキして見てました。
会えなくなって久しいけど、あなたの存在感、いつも南の方にどっしりとありました。
みんな、先に行ってるので、道案内を、頼んでおきますね。分からないことがあったら、聞いてください。
きゃらは頼りないけど、ゾフィはしっかり教えてくれると思います。

和さん、寂しくなりましたね。
我が子に先立たれた人ばかりになってしまって。
思い出話の会でもしましょうか😢
Commented by nagi-pott at 2017-11-13 21:27
*きゃらとゾフィのmama さま
Max25㎏近かったので大きなコでしたね。
謎の巨大児を愛して下さった皆様に感謝しています。
ありがとうございました。
Commented by ベス at 2017-11-28 22:58 x
4年前の3月にカエルとおたまのセットを購入した者です。実は注文してから届くまでの間に5歳前の日本スピッツを麻酔事故で亡くし、悲しみにくれているときに品物がやってきたのです。カエルとおたまに名前を付けて下さい、と和さんにリクエストされ、亡き愛犬の名前にちなんだ名前をつけたのでした。

百々蔵さん、和さんに愛されて和さんを愛して幸せな一生だったことと思います。我が家のスピッツともお空の上で遊んでいるといいな、と思っています。
Commented by nagi-pott at 2017-11-29 23:31
*ベスさん 
お久しぶりです。メッセージありがとうございます。
あの頃、そんなことがあったのですね。。。
百々蔵さんとのお別れは現実味が無く、涙も出ない普通の日々でしたが、ここに至って、ほんの少しづつリアルになってきました。時間が必要です。
見守っていただき。心より感謝しています。
<< 大野耕太郎・西村和 作陶展 2017札幌個展 >>