<< 大野耕太郎・西村和 作陶展 2017札幌個展 >>

百々蔵の御挨拶

お別れです。

昨日11月10日、百々蔵さんとお別れの朝でした。
病を抱えてはおりましたが、その進行に気付かないかの如く、緩やかに老いを重ねてくれました。
いつものように「おはよう」と抱いて、お顔を拭いたらスッと消えてしまいました。
大往生。でも、わかっていたら、もっと大きな声で名前を呼んだのに。

家族同様に愛情を注ぎ、見守って下さいました多くの皆様に、心より御礼申し上げます。
本日お空へ旅立ちましたが、ダサくてトロい百々蔵さんは、
今もまだ寄り道しながら、休憩しながら、モソモソと昇っている最中でしょう。
親バカなので、ひとりで天国まで行けるのかさえ心配です。がんばれ。
きっと、百々蔵は皆様の元にコソコソご挨拶に伺います。
小脇がくすぐったい時は、百々蔵さんがちょんちょんとご挨拶。
ちょっと笑顔を見せていただけましたら幸いです。

d0081001_22562320.jpg
「ありがとうございました。」


[PR]
by nagi-pott | 2017-11-11 23:06
<< 大野耕太郎・西村和 作陶展 2017札幌個展 >>