釉薬整理。

いつの間にか久々ブログ更新です。

私の作品で使う決まった釉薬は、大量に作って大きなバケツで維持しています。
でも、試作中の釉薬だと微妙な違いを少量でたくさん抱えるし、生徒さん用など、少量のモノがとにかく沢山あります。
これを100均の小さな蓋付きバケツに入れてたのですが…悲劇。

持ち上げた途端にバラバラに崩壊して、もちろん中身は飛び散る始末ですが、それにしてもバラバラって??
同様のバケツを触ってみたところ、簡単にパリパリ割れちゃって瀕死状態と判明。
中身の原料ではなく、そもそもプラスチックの質に問題があるようでした。
購入から5年以上は経ってるとはいえ、あまりに想定外・涙

悲劇の連鎖を生まぬよう、大きなタッパーを40個程買ってきて一掃です。
あぁ~スッキリ!

100均に助けられることも多いけれど、慎重なお付き合いってところでしょうかね・笑
d0081001_2345038.jpg

[PR]
# by nagi-pott | 2015-02-23 23:06 | Comments(0)

いちご戦争!

友人宅で新年鍋パーティー。

手土産に新春いちご戦争を仕込んでみました。

「あまおうvsとちおとめ」

d0081001_20213484.jpg
こちら「とちおとめ軍」 初々しい色の大軍。

d0081001_20215599.jpg
対する「あまおう軍」 貫禄の大きさで少数精鋭部隊。

軍配は・・・ どちらもリンゴのお顔とマッチして美味しゅうございました♪
[PR]
# by nagi-pott | 2015-01-11 20:31 | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

d0081001_14192632.jpg


札幌は穏やかな元日となりました。

皆様、本年もよろしくお願いいたします。

お正月のプチ贅沢ということで、我家では南天の枝をたっぷり使ってバスルームに大きくお花を活け込みました。
新春を感じながらのバスタイムはとても優雅な気分で、長湯がたたり若干のぼせ気味ですが・笑

さぁ、2015年!シャキッとスタートいたします。
[PR]
# by nagi-pott | 2015-01-01 14:28 | Comments(2)

年の瀬。

家の中も飾りを整えると新年を迎える気持ちになってきます。
玄関や工房などに花を活けたり、窯にも神様を迎えるべく間〆をかけます。

最後は残った花を集めて階段もお正月。

例年通りと申しましょうか、年賀状は年が明けてからしたためます・笑

皆様に良い年が訪れますように。
d0081001_2024829.jpg

[PR]
# by nagi-pott | 2014-12-30 20:24 | Comments(0)

長く使うこと。

玄関に不思議な黒いチップが落ちていて、何だろうと思ったら、久々に履いた靴のヒール裏。
伯父の葬儀で数年ぶりに登場した黒いハイヒールです。

私にハイヒールってどうなのよ?ってところはさて置いて・笑

20歳を過ぎて、当然ハイヒールとは縁が無いファッションだったけれど、黒と茶のスタンダードな7cmヒールを買いました。
漠然とではありましたが、きっと人生において必要となるアイテムであろうと本気の買い物。
とりわけ、ハイヒールは美しいと思っていたので「一生モノ」と価格は無視で、自分なりの美意識を集中して選んだ記憶が鮮明です。
スタンダードな備えがあると助かったりして、今となっては若かりし自分に感謝・笑

しっかりメンテナンスしてこれからも末長く。

d0081001_0221113.jpg

[PR]
# by nagi-pott | 2014-12-19 00:32 | Comments(0)

3度目。

今年最後の素焼き。
300度超えたあたりで車ドアを閉めるような音がしたので、あぁ~いったな…と。

想像通り、生徒さんの作品が爆発しておりました。
開窯以来、爆発はこれで3度目。教室をやっているリスクですが、多いのか少ないのか??
破片の飛び散り範囲が全面に及びかなりの衝撃・笑
どこまで影響があるのか、検証は明日へ持ち越すとして、年末に華々しく上がった打ち上げ花火ということにいたしましょう。

今年の窯焚きはあと1回。
しっかり仕上げて〆たいものです。
d0081001_235628100.jpg

[PR]
# by nagi-pott | 2014-12-13 23:57 | Comments(0)

お祝いの日。

昨日は、師匠である中村照子先生の札幌芸術賞受賞記念祝賀会。

各界の重鎮・郷里の友人から若手作家に至るまで、本当に多くの方が列席されて、華やかな宴でした。

師匠はふんわりした物腰なのに凛としていて…何と言ってもとびっきりの笑顔♪
キラキラしたお姿を「我が師」と呼べることが嬉し過ぎて、ハグしまくって頬ずりまでする弟子・笑

仕事に対する姿勢とお人柄にクギ付けとなったのが20年程前。
こうなりたいという憧れではなく、この方の傍に居たいという気持ちだけで飛び込んで、正直なところ、陶芸家になりたいという気持ちも無かったのですが…
人生が変っちゃった最大の出会いであります。

まさに母。
そろそろ親孝行しなくちゃいけないのですが、甘えん坊でスミマセン。
巣立ったはずの弟子ですが、これからもずっとお傍に♪


d0081001_2045512.jpg

ご一緒の写真がなぜか少ないので、今回はしっかり撮っていただきました。
[PR]
# by nagi-pott | 2014-12-06 21:04 | Comments(0)

またいつか。

一応陶芸家ですからね。作品は旅立って行くものと思っています。
でも、実際はお別れが妙に寂しいものもあるわけで。
d0081001_0112121.jpg

なんとなく寂しくて、探してみたら制作中の記録がありました。
d0081001_014959.jpg

記録があるって事はけっこう面倒だったんでしょう・笑

まぁ、またそのうちに…って事で。
[PR]
# by nagi-pott | 2014-11-11 00:26 | Comments(0)

ありがとうございました。

東急美術画廊での個展、昨日終了いたしました。
ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

札幌の百貨店美術では三越での隔年個展がお客様にも定着しており、三越へ行っちゃった方や9Fに行っちゃった方など少々混乱されたようで…申し訳ありません。
それぞれに顧客を持つ両店のご厚意・ご配慮のおかげで、初めて作品をご覧いただく方々との出会いをいただき、両店のスタッフの皆様にも感謝を。

札幌では来年10月にまた三越美術ギャラリーで新作と共に皆様とお会いしたいと思っております。


「花のない季節だから」といただいた沢山の花を持ち帰り、華やかな我家。
幸せな気持ちのまま早速仕事と参りましょう!
d0081001_22465431.jpg

[PR]
# by nagi-pott | 2014-11-06 22:47 | Comments(2)

かぐや姫。

新しい掛け花は、自称「かぐや姫」

福寿草など春の小さなお花をお姫様のように迎えるイメージで作ったものです。

さて、晩秋には何を迎えましょうか。ということで先ずはコレ。

葉牡丹に紫式部。
d0081001_23115568.jpg

[PR]
# by nagi-pott | 2014-11-01 23:15 | Comments(0)