階段DIY。

夜中にコソコソとDIY。
さすがに暗くちゃ出来ないところを、この2日間の陶芸教室の合間にギュギュッとやって完成です!
d0081001_22124957.jpg
d0081001_221335.jpg


以前から気になっていた階段の手摺をつけました。
チョチョイと出来ると思ったら、意外と奥深い。
どうせなら、かっこいいデザインのがいいな~なんて思っていたけれど、お年寄りに優しい機能的なモノとなると、なかなかどうして、スタンダードかつ設置の難易度が高い。
素人ながら、安全性だけはガッチリ確保ということで・笑

見栄えはともかく、この安心感で母にはたくさん昇降していただきたいものです。
[PR]
# by nagi-pott | 2016-06-26 22:38 | Comments(2)

ウィルス病。

このところ私を苦しめはじめた更年期よりショックな出来事。

自称「秘密の花園」にウィルス病が発生。
こればかりは打つ手がない致命傷です。
自身の陶芸家の庭としてコツコツ作り始めて、今では華道家・茶道家の方に花材を提供できるまでになったナゾの極小庭。
狭いが故、これは存続の危機!
d0081001_2222047.jpg


ここからはお花好きの方に向けたマニアックなお話です。

昨年夏、菌による被害と思われる野菊を全て廃棄。
たぶん、これがウィルス病だったと見抜けなかったのが敗因です。
被害は拡大したものの、結果的に全廃棄したのは正解でした。
ここで感染していた植物が今年の生育不良でウィルス病と確定するに至りました。
ウィルス病は治ることなく、残念ですが感染が疑われる種は完全廃棄します。
有効な薬剤はありません。
空気感染はしませんが、アブラムシなどが発生すると一気に広がります。
根も全て感染しているので、完全に取りきれない場合はその土壌も問題となります。
もちろん、ハサミやスコップなどの完全消毒も必須です。

明確な感染株は4種。廃棄後もあやしい土壌は1畳ほど。
全ての土の入れ替えは出来ないので、堆肥と木酢液で1年かけて土壌改良することにしました。
善玉菌で悪玉菌を退治していただくことに賭ける!

お別れすることとなったお花には申し訳ないけれど、虫の発生期前に対処できたのは不幸中の幸いでした。

残念ながらウィルス病はどんな植物にも起こる不運としか言いようがありません。
我が家は菜園がないので防虫薬散布もしていますから、発生確率は低いはずだったのですが、ソコにある恐怖を再確認。

病気かな?と思ったら、しっかり対処しないといけませんね。
人間も、動物も、草花も。
[PR]
# by nagi-pott | 2016-06-07 23:13 | Comments(2)

ユキモチソウ。

手を貸さないと増えない花もあります。

個展で生ける花を自前で用意するための庭。
園芸取材もいただきますが、見た目より栽培環境が優先で一般的に素敵な庭とは言い難い・笑

切り花で使えるまで増やして育てるのには時間がかかり、こういう気長な感じ、私には向いています。
仕事も実験ばかりでなかなか進まぬ毎日ですから。

ユキモチソウ。
雌雄転換植物で実生株になるまで時間がかかり、種が出来てもちょっと手を貸さねばなりません。
実生から4年目。
今年はどんどん切って飾る贅沢を堪能できるようになりました。

食虫植物のように見えますが、イエイエ、ちょっとビジュアル系?の好きな花です。
d0081001_22543881.jpg

[PR]
# by nagi-pott | 2016-05-22 22:54 | Comments(0)

半年。

愛犬・百々蔵さんの病のお知らせからたくさんの応援をいただきありがとうございました。
山あり谷ありではありますが、モリモリ食べて穏やかな毎日です。

手術から早いもので半年程経ちました。
明日は6カ月検診です。
残念ながら目視で分かる転移もあり。
でも、長く仲良く付き合える病にしようと決めているから大丈夫!

大好きなお風呂にも入ったし、明日はシャンプーの香りのイイオトコで病院に行っちゃおう♪

まだまだ元気な百々蔵Life.
d0081001_23431385.jpg

[PR]
# by nagi-pott | 2016-05-10 23:43 | Comments(2)

新入り?

新しい家族と認めるべきか・・・
d0081001_21351788.jpg


今日、出会ってはいけない謎の生物かと大慌てしたコイツ。
キャーキャー言いながら、母とジワジワ近寄って。
冷静にキノコと判別するには時間と覚悟が要りました・笑

調べてみたところ、美味しい食材らしい春キノコ「アミガサタケ」
既に大きさは7㎝。
いやいや。この姿、食べる気にはなれません。
なぜ我が家の庭にやってきたのかわからないけれど、触れないのでこのまま一緒に暮らします。


久々のブログがこれかよ?って言われそうですが、私にとっては大事件。
GWのお客様を迎えつつ、窯焚きしつつの陶芸家の日常でございます・笑
[PR]
# by nagi-pott | 2016-05-03 21:38 | Comments(2)

犬の食器。

欠けた器が届きました。
犬用のフードボウル。

コレ、百々蔵さんへ愛情が高じて、短頭犬種が食べやすいように私がコッソリ作っているものです。

送り主の元へお届けしたのは5年以上前のことでしょうか。
基本的に器はワレモノと思っておりますので補修は請け負っていないのですが、愛犬の成長を一緒に見守った器への愛着にほだされ、お預かりすることに。
いや、厳密には「補修できるか見てください!」と送られてきちゃったんですけどね・笑

大きな欠け以外は目に見えないけれど、本体にもダメージがあるようです。
残念ながらこれは直しようがありません。
でも、せめてもうしばらく使えるように頑張ってみましょうか。

買い直したほうが早いのにって思うけど、これじゃなくちゃダメってわかる気がします。
d0081001_23134172.jpg

あぁ~!一応もう一度言っておきますが、私、基本は補修しませんから。
[PR]
# by nagi-pott | 2016-03-06 23:15 | Comments(0)

イタイお話。

また怪我。マイッタマイッタ。
日曜日、足に鋼製蓋を落としまして。マンホールの蓋のようなもの。
足が在らぬ方向に向いていたならば救急に行きますが、足らしいカタチなので見守ることにしました。
翌日、着けない足も思いのほか腫れが少なく、今日はちょっと歩けるし、長靴履いててセーフだったなぁ。

とにかく怪我が多いワタクシ。
自身にとってはその存在すら疑問の運動神経ってヤツが問題なんでしょうかね。
気をつけてても、どうにもしがたいモンダイデス。
d0081001_22462570.jpg

[PR]
# by nagi-pott | 2016-02-23 22:47 | Comments(0)

不良品。

携帯とかね…苦手なわけで。

先日、SNS等で近しい方には携帯不具合中とお知らせしていたのですが、実はコレ機種変更。
なにせ知識がないもので、一難去ってまた一難の繰り返し。
たかが機種変更が今時はここまで困難なものなのか?と自己嫌悪で疲弊していたのですが、最終的には不良品と判明し、新しいものと交換してきました。
頑張ったのに結局ソレ??まぁ、想定外の当たりクジってところでしょうか・笑

私自身、作品を提供する身ですから、不良品の不快感から学ぶところあり。
油断することなく、しっかりお届しなくては!と改めて心に刻むプチ体験でありました。

ちなみに、初期不良でも新品交換は1週間以内だそうで。
サポートセンターのアドバイスであらゆる可能性にチャレンジしていきますから、不良品と判断されるまで時間を要します。
私の場合もリミットはあと1日のギリギリでした。
皆様の万が一に備えてご参考まで。
d0081001_22212720.jpg

[PR]
# by nagi-pott | 2016-02-15 22:21 | Comments(0)

ご案内。

d0081001_22531851.jpg

羽田野麻吏「サトゥルヌスの書物」 1月16日(土)~2月7日(日)

ルリユールというのは馴染みがないかもしれませんが、製本美術。
ひとつのテクストのために唯一無二のデザインと素材で織りなす蔵書芸術と申しましょうか。
今回はルリユール作品と鉛の活字をテーマとしたオブジェの展示です。

分野は違いますが、大切な幼馴染。
二人で過ごした日々のおかげなのか何なのか、なぜだか二人とも作り手となりました。
何十年たっても彼女の世界は変わることなく。
で、一緒に過ごす日々も変わることなく。笑

分野にかかわらず、美しいものに興味がある方にはぜひご覧いただきたいと思っています。

LIBRAIRIE6 /シス書店
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-12-2 南ビル3F
12:00‐19:00 日/ 祝 12:00- 18:00 月/火Close
[PR]
# by nagi-pott | 2016-01-31 23:30 | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

隣人の幸を願う愛が世界中に溢れる1年でありますように。

静かな元日です。
d0081001_16383010.jpg

[PR]
# by nagi-pott | 2016-01-01 16:41 | Comments(2)