<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

微妙な関係。

以前、オーダーで作った事のある蚊取線香立。
またご注文もいただいているので、来月の江別やきもの市限定で販売しちゃおう!と幾つか制作中。
d0081001_21142833.jpg

鳥さん3羽を乗せて10個程作ったところでちょっと気になりはじめました。
親+子供2羽に見えたなら問題ないけれど、見ようによってはシュールな関係ではないか…

残り半分は急遽デザイン変更です。
d0081001_21264173.jpg

これで疑惑の関係は払拭されるに違いない。

週末の窯焚きに入ります。

7/13,14のやきもの市情報はまた後日。
[PR]
by nagi-pott | 2013-06-30 21:37 | Comments(2)

空飛ぶ黒猫。

昨日も未明にメールが届いていました。
どこかで愛猫を介護中の方や看取った方から月1回くらいメールをいただきます。

大切な相方だった黒猫・あまぐりを見送って、「あまぐりの短い介護録」を笹舟を浮かべるようにNETに放流して5年を過ぎて。
なかなか知りたい情報が得られなかった自身の体験から、どなたかのお役に立てたら…と思い綴ったものですが、”老病 介護”で検索するとすぐにHITするようになり、1年くらい経ってからアクセスカウンターをつけたところ、多くのみなさまにご覧いただいていることが分かりました。
もうちょっとお役に立てないだろうかと小さなメールマークを印してからは、ポチポチとお便りが。
あまぐりさんが空を駆け巡って、たくさんの猫に会いに行っている錯覚を起こします。

残酷ですが、心に空いた穴は時を経て埋まることなくどんどん広がる。
湧き上がる優しい思い出を広がる穴に詰め続けるしかないのでしょう。

「その後の飼い主」を追記できる時が来たらメールマークを外そうと思っています。

やっぱりこの写真が一番好き。
d0081001_2349841.jpg

[PR]
by nagi-pott | 2013-06-23 23:50 | Comments(0)

「淡交」

朝イチで玄関から工房・展示室の花をしっかり入れ替えました。

今日は茶道美術図書出版・淡交社の取材。
京都から編集部の方と裏千家特別参事の先生がお出で下さいました。
「無限庵」でのお茶会で、私のお道具を使っていただいた流れの取材です。

取材のオファーをいただいた際は「淡交社??」キツネに抓まれるってまさにコレ!といった心境で、ホォ~とかハァ~とか…意味不明なお返事をしてしまい、先週、再度編集部から確認のお電話が。本当か!?

お迎えしたのはお二人に加えて、先生の奥様(これまた茶人であるのは当然)とカメラマンの女性。
想定していた簡素な取材とは違う様子に頭が真っ白でどうなる事やら・汗

しかし、現れた茶人は年齢を感じさせない凛とした本当に美しい方で、いつも通りの私でも受け入れて下さるような凄いオーラがあると申しましょうか。
男性作家を想像していらっしゃったとのことで、出てきた私がこんな若造ですから、取材といいつつ作品から精神論まで親身にアドバイスしていただく場に早変わり!
伺うお話にドキドキして、「あぁ!作りたい!!今すぐにっ!」と思うことばかりで。
出てくるお話に私が夢中になる逆取材の様相となりましたが、本当に良いお勉強をさせていただきました。

茶陶はまだまだ勉強中。
でも、気張らずに作った器がどこかで誰かのおもてなしの心に寄り添うものとなるのだとしたら幸せと思います。


実は今回を機に、展示室の雪見障子前にあった背の高い棚を移動。
ここを平台にしてちょっとスッキリ。
逆光で見づらいのが気になっていたので、新たな棚も作ってプチ模様替えをしました。
機会がないと動かないので、これまた良いキッカケです。
d0081001_21582055.jpg


肝心な所。
この取材が何時掲載なのか・・・? 聞いてないよ~の大失態!
分かりましたら後日お知らせという事で・笑


いただいた京都土産は宗旦銀杏文の「ふのやき」 品のよい御紋菓は京都だなぁ。
サクッと堪能。
d0081001_22251149.jpg

[PR]
by nagi-pott | 2013-06-13 22:31 | Comments(2)

田植え。

今からお正月の準備?と笑われそうですが。

毎年お正月飾りに使う稲穂。バケツ栽培で育てます。
以前は寄せ植え用にホームセンターでポット苗が買えたのですが、流行らないのか昨年は入手出来ず。
今年こそ!とJAに行ったものの、やはり稲苗は売っていないそうで…農家へ行ったら?とのアドバイス。

実は札幌でもお米って作られていて、JA藤野で新米の時期に販売されますが完売する人気米。
知ってました?
我家の周辺、探すと小さいながらも水田がポツポツあるのです。

四季に感謝して1年を過ごす証しとは大げさだけど、自家製のお正月のために、ここはがんばらねば!

アポなしで突然「稲苗をひと握り売っていただけませんか?」という失礼な私・汗
でも、これがたいそう歓迎して下さいまして「お金なんていいよ♪」といただきました@ななつぼし苗。
更に水稲用肥料も調合して下さり、「来年もあげるから。」 キャー!
「比べるとわかり易いから、時々田んぼ見に来るといいよ♪」とまで言っていただき、感激~!

d0081001_21245665.jpg

苗を小分けにして田植え終了です。

「美味しいお米が出来るといいね~」って… 食べないんですけどね。
[PR]
by nagi-pott | 2013-06-03 21:34 | Comments(6)