<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「金継ぎ」

このところポチポチいただくお問い合わせ。

漆を使った作品を発表してからご相談いただくことが多いのが 「金継ぎ」 です。
先日の伝統工芸展でも、ご質問をたくさんただきました。
最近は簡易的な金継ぎマニュアル本なども出ているようで、意外とチャレンジされているのですね。
私のお話できる範囲でちょこっと書いておこうかと思います。

先ずは、出来た!とばかりにすぐに使用している方も多いようですが、これNGです。
漆は固まってるようでフワフワだから温存期間が必要で、経験で行くと最低3ヶ月以上は見守った方が良い。
ガラスや釉薬面の接着は1年経っても固着しなかったりしますから要注意。
継いだ事を忘れた頃に使い始める方がいいかもしれません。

まぁすぐに使えちゃうのにも理由がある訳で。。。
なんとも言い難いのですが、お話を聞く限り、剥離など上手くいかない最大要因は接着剤使用かと。
接着剤使用が前提の解説本もあるので否定はしないけれど、末長い修復とはいかないでしょう。
「ナンチャッテ・金継ぎ」と申しましょうか・・・ 従来から称される金継ぎじゃないんです、これ。
遊びならばいいけれど、大切な物の場合。
一応、私は工芸家ですので、本来の品に負荷がかかる可能性があるためお勧めしません。

漆は強いといいつつ完品には及ばないわけで、継いだ姿は大切に扱ってもらいたい印なのでしょう。
怪我してます~っていう合図。
負荷がかかった時には、同じところから割れて新たな破損は産まない。これが繕いの信条。
多分、接着剤の瞬発力は相反するのかな?と思います。
接着剤でよければあえて漆を使うことはないのです。
わかり易いお話、接着剤はすぐにくっついて徐々に劣化するのに対して、漆は時間をかけて固着するもの。
相性悪いでしょ?

繕いはステキ。
洋服だって何だって、愛着があるものと長くお付き合いしていけるのだから。
遊びでやってみるのもOK!って思うんです。
ただし。とても大切な物ならば安易な方法はご一考いただきたいと。。。ご参考まで。
[PR]
by nagi-pott | 2012-11-30 23:48 | Comments(2)

ヒビ入り。

ヒビ入りは器じゃなくって、実は私の足指。
と言っても、病院に行ったわけじゃないのでハッキリはわからないんだけど・笑

そろそろ4週ほど経ちますがこの状態。
d0081001_20232877.jpg
私の目測ではもう少し開いてると思った戸にぶつかった・汗

当初、真っ黒になって風船のように腫れ上がり、
「これはダメじゃない?」と思ったものの、
湿布をしてテーピングするとかなり固定できちゃう。

病院に行っても大げさに固定されるだけであろうと思い、
自分で治す作戦です。
まだ少々痛いけど順調♪ と思う。 指の大きさも普通になったし。

思えば今年1年は災難続き。
仕事が出来ない期間も多く、考えさせられた・・・ハズなんですけど、喉元過ぎればなんとやら・笑

まぁ、悪い事もそうそう続かないさっ!てな気持ちで、反省もなく変らぬ日々だったりね。
[PR]
by nagi-pott | 2012-11-21 23:07 | Comments(2)

冬モード。

雪が降りました。
いつもよりちょっと遅い、白い札幌。

d0081001_23205120.jpg

育てているMIX色のポインセチアも色づいてきました。
立派に育って70cmくらいの大きな株。
9月辺りから、夕方クローゼットに仕舞って朝に出すという「短日処理」作業を地味にやっておりまして。
まぁ単調な作業は私らしいと申しましょうか・笑
地味な作業が実を結んだ発色なので愛着もひとしお。

今日は玄関に今年のリースを掛けました。
ここ数年定番のとなっている、赤い実の山帰来を丸めたものに、ゴールドのリボンをたくさん結んで。


家から見える山が白くなったら冬モードです。
[PR]
by nagi-pott | 2012-11-20 23:45 | Comments(2)

チャコちゃん。

伝統工芸北海道展。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

いつもご覧いただいている皆様は「あれ?」と思った方もいらっしゃるでしょう。

急須しか作らない若者が工芸会に仲間入りしたんです。
日本工芸会というのは伝統工芸展に入選しないことには入会資格が得られないので、皆さんどうぞ♪とはいかず、
北海道は長いこと私と白磁の北川氏が最年少・汗
新しく入る方も大先輩だったりして、なかなか平均年齢下がらず・・・
そこに現れた新星☆しかも若き急須名人です。
d0081001_22382950.jpg
我家にも迎えてみました。白岩急須。

洗練された美しい急須の中で異彩を放ったこの子。
初日に目を付けたブサカワさんです。
若干百々蔵チックで愛着が湧く姿と申しましょうか。
すごい美人さんに目が眩んだものの、
やっぱり第一印象のこの子を迎える事にしました。

こなれてくるのを楽しみながら可愛がります。

名前は 「チャコちゃん」
[PR]
by nagi-pott | 2012-11-19 22:53 | Comments(8)

豪邸。

d0081001_2157784.jpg百々蔵さんは車で出掛けるたびに尻尾から流血。
病院に爪切りへ行く往復だけでもベロンと皮剥け。

このハゲてるところね。ここが剥けちゃう。 →

かなり痛そうで、ふわふわの敷き物にしたり、
あれこれ工夫はしてみたものの、なかなか改善出来ず。

百々蔵の気持ちになるべく、尻尾の皮が剥けるポーズを
自分でもやってみました。

で。気がついた。

車用のクレートの高さが怖くてかがんでる?


現在も十分余裕のある大きさではありますが、最大級にチェンジ!

d0081001_22133236.jpg

今までと同じタイプの最大サイズ。豪邸だよ。

d0081001_22134718.jpg

私の軽自動車・ナスオにはギリギリの巨大なものです。

さすがにコレは彼に見合わない大きさですが、試したところ尻尾は無事。
やっぱり天井が怖かったみたい。 情けない男。

家も車内もフリーで過ごしていたので、術後に現れた車用クレートとの付き合い方がわからない。
・・・というのは親バカの擁護で、やっぱり小心者なんだなぁ。

d0081001_22325330.jpg

[PR]
by nagi-pott | 2012-11-16 22:35 | Comments(4)

子離れ。

d0081001_22281584.jpg

今回、私のメイン展示とした作品です。

自分の技量を試すような重たい技術ポイント満載のチャレンジ作品で、若干思い入れあり。
デザイン性はもちろんだけど、職人としてしっかり形にしていく技術を試したいと申しましょうか。。。
でも、どんなに作るのが大変でもそれは価値に繋がらない。
だから作品解説が嫌いなのかもしれません。
工程を説明しちゃうと作品に要らないお荷物を背負わせるような気持ちになったりします。
「これ作るの大変だろうな~」という感想より、さらりと「キレイ」と思っていただけたら最高。
塗りの換蓋ご注文をお受けしたので、工房でお支度後に旅立つこととなりました。
旅立つ我が子の姿を見ながら新たに持たせる蓋のデザインを考えるのは感慨深かったりしますね。


d0081001_23142826.jpg自分が写った画像はなかなかないのですが
友人が解説する私を撮ってくれていました。

小さなサイズでご覧いただきましょう・笑


明日は会場当番。
明後日も諸々ありまして、在廊です。
[PR]
by nagi-pott | 2012-11-10 23:29 | Comments(3)

準備中。

d0081001_22472980.jpg

初日からたくさんの方にお出でいただきまして、嬉しいスタートの伝統工芸展。
私も悩んだ挙句に”勉強のためだ”とお買物しちゃいました。
陶芸家も陶器を買います・笑


d0081001_2217688.jpg

今夜は明日の解説に向けて準備中。
といっても、お話は行き当たりばったりで準備は無いんですけどね・笑

いつも5分と持たない私の話。
トーク後の質問に頼っていたのですが、もうちょっと頑張れと微妙に叱られており・・・汗

今回は制作過程の写真も公開してみようかと思っております。
こういう解説グッズがあればちょっとは違うかも?
[PR]
by nagi-pott | 2012-11-07 22:52 | Comments(6)