<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ちょっと見直す。

d0081001_23335283.jpg

病院にて6日ぶりにあたった食事はこちら。

病院食は身体に合わせてくれているのだから全く文句ないのですが、毎食出てくるプラスチック製の器には心が萎えた。。。

仕事なのに、わかっているようでわかっていなかった器の力。

病院食なので仕方ないと言われればそれまでだし理解もするのだけど、合理主義の事務的食事はせっかく作って下さる方の努力も虚しく、温かみが伝わらないものです。

家に帰り、ハネ品の自作碗で食べた病院と同じお粥は美味しかった。
器ってそういうことなんでしょうね。

自分の仕事、悪くないなって思ったり。。。
[PR]
by nagi-pott | 2012-01-31 23:47 | Comments(2)

ショボい男。

あちこちボロけた百々蔵さんを連れて病院へ。
今の私に百々蔵さんの体重はまさに凶器でしたが、ここは気合いで乗り切る(笑

一番気になっていた目は「乾性角膜炎」進行気味とのこと。
かぁちゃんお留守で涙も枯れ果てた?って事にしておきましょう。
このまま進行すると眼球に穴が開くので、早く退院してきて良かった~。
しばらく点眼治療で様子を見ます。

診察しながら、爪切りで格闘する体力がないのでまた巻いちゃいそう・・・と雑談。
いつもお世話になっているこの病院は鎮静剤を滅多に使わないので、百々蔵さんは爪切りが頼めない所。
しかし、今回は「やってみますか。」とのお申し出をいただきまして、急遽、百々蔵チャレンジとなりました。

百々蔵さんを託して私は待合室でしばし待つことになったのですが、病院中に響き渡るような威嚇的絶叫が続いて、もう肩身が狭いのなんの・・・
これは絶対に誰か噛みつかれてるに違いない。最低だ・・・

ところが絶叫響き渡る中、笑いながら出てきた看護師さん。
「百々蔵、ますます小さい男になったよね。」  えぇっ??
エリザベスを装着された時点で緊張MAXの彼は恐ろしい絶叫とは裏腹に身体が完全に硬直してしまい、黙って切らせてるとのことで、逆にスタッフの皆さんに励まされているらしい。

・・・ダメじゃん。別な意味でがっかりだよ、君。

d0081001_23205190.jpg

お疲れさま。


しみじみ、飼い主が健康じゃないとダメだなぁと思う愛犬家であります。
[PR]
by nagi-pott | 2012-01-28 23:33 | Comments(10)

突然ですが入院しておりました。

実は前の日記の後、「急性腹膜炎」というやつで緊急手術となり、入院しておりました。

突然始まった腹痛はあっという間に広範囲の激痛になって、これがもう悶絶の痛さ!
すぐに救急車を呼ばず我慢したのがまた悪かったんですねぇ。。。
でも不幸中の幸いは、気を失わずに病院まで辿りつけた事と行ったのが総合病院だった事。
これが運命の分かれ道で、今思えばゾッとするような命拾い。
そのまま緊急手術となりまして、虫垂と大腸の一部を切除してお腹の中をガッチリ洗浄しました。

入院は20日間程と言われたものの、そんなにそんなにのんびり入院なんてしていられない。
半分で切り上げてちょっと強引に帰ってきちゃった。
とりあえず生きております(笑

個室で酸素マスクなんぞつけられた自分の姿に、根拠のない健康神話はガラガラと崩れてしまいましたが、命が繋がればこっちのモノで、よい経験をしたと思いましょう。
この歳まで貯め込んだ腹黒さもスッキリ洗い流して、作品にも透明感が加わるに違いない(笑

とりあえず重いものは持てないし、何よりまだ痛みを伴い発熱中。
ゆっくりと出来る所から仕事復帰したいと思っております。



しかし。
帰ってきたら百々蔵さんがちょっとひどい事になっておりまして、外耳炎は悪化してるし手も腫れてるし、何より目が充血して眼球がおかしい!!
何が起きたんだ??
重いものは禁止だけど、明日は貰ってきた座薬を打って、頑張って病院へ連れて行かねば。

一難去ってまた一難。
[PR]
by nagi-pott | 2012-01-27 22:26 | Comments(13)

厳冬。。。

家に居るとよくわからないけれど、今年はとにかく寒いっ!
プラスの気温が懐かしい。。。
窯場に置いている釉薬のバケツもガチゴチに凍って融ける気配なしです。

北海道・岩見沢は観測史上初の積雪を更新中。
我家近辺、実は例年とたいして変わらないのですが、寒いので雪が融けないというか沈まないのでモッサリ。
貧乏な札幌は除雪の道幅などを節約モードに改正したので、これも雪が多いと感じる原因です。
幅が狭くなった道路を暗黙の了解で対向車と譲り合うカンジは北海道らしくて好き。
でも、せめて交差点とスクールゾーンくらいはチャキッと除雪しないと危険。ホントに。

愛車・ナスオですが、この寒さで突然バッテリーが上がってしまいました。
週末だけ乗ってるとかじゃなくて、なんだかんだと日々動かしているのでビックリ!
お隣さんの車とつないでいただいてもかからないっ(涙
お財布落とした時と同様に放心していたら、ピンポーン♪
お隣さんがディーラーに問い合わせてくれたようで、時間を置いて再チャレンジしたところ、ブルルン!!
焦らずちょっと時間を置くのも手だそうです。
レスキュー呼ばず、お決まりの放心にまた助けられちゃった(笑
もったいないのでかかったエンジンを切れず、そのまま急いでメンテナンスに行きました。
「寒いからねぇ・・・」と、まだもうちょい寿命がありそうなバッテリーどうします?・・・で、交換。

明日からは最高気温もようやく0℃前後らしく。
落雪も心配ですから、皆さま引き続きご注意あれ!
[PR]
by nagi-pott | 2012-01-17 23:50 | Comments(3)

手帳。。。黒柿のカバー

突然ですが、手帳って使ってます?

実は私、1度も使った事がなかったりして。
とにかく物忘れが激しいので、不規則な仕事のスケジュール管理をボケた頭でするのも限界。
このままだと間違いなく大きな失敗をするであろうと不安になります。

手帳にチャレンジしたことはあるのだけれど、まず「持ち歩く」という事が出来なかった。
ハンカチ・ティッシュ・お財布だけで出掛けたい男子のような私には手帳が足手まとい。
・・・持っていなくちゃ意味がない。
更にメモする習慣がない。これも致命的(涙
何をどう書いていいのかわからないので書くこともなく。
書くことが楽しくなったりすると身に付くのかな~って、勉強っぽいけど(笑

皆さん、どんなものをどんなふうに使っているんでしょう。知りたい~!!


まずは持ち歩きたくなるビジュアルが大切。使い込みたいので長く使えるカバーとか。
で、見つけたのがコレ。
d0081001_015611.jpg

黒柿のブックカバー。
これ、プリントじゃなくて本物の天然木。
柿の木を切ってみると墨黒のような濃淡があるものが稀にあって、黒柿と呼ばれます。
皮の裏打ちで凄く柔らかくって不思議なもの。

手帳のカバーって可愛いモノがいっぱいで、ポケットとかいろいろついてて親切だけど、厚さとか大きくなっちゃうので私にはNG。
年数を重ねて使い込みたいシンプルなカバーはストライクでした。

実はこのブランドの鞄を持っていて、ブックカバーがあるのをたまたま知りました。
ちなみに鞄はこちら。
d0081001_017139.jpg

タモの木のこれまた貴重な玉杢と呼ばれる木目のモノ。かなりお気に入り。


さてさて。後は中身だ!
今度こそ使えるのか?手帳。
[PR]
by nagi-pott | 2012-01-13 23:42 | Comments(0)

小樽にて。

今年はこんな展示からスタート。

d0081001_1575362.jpg

「西村和+恒枝直豆 ふたりのチャリティー展」
2/3~12(小樽雪あかりの路 開催期間)  小樽市住吉町12-1 自家焙煎珈琲「はち」



d0081001_18265688.jpg
昨日は恒枝氏と一緒に会場打ち合わせで小樽へ。

友人が営む小さな喫茶。

ここでは震災以降、各種チャリティー企画展をやっています。


昨春に企画をいただいていたのですが、
細く長く続けていきたいチャリティー活動ということで
二人であえて「来年最初にやろう!」と決めていました。

小樽の方はもちろん、雪あかりの路に行くご予定がありましたら
美味しいコーヒーで温まりにお出でください。

ちなみに作家は不在です。ごめんなさい。



夜は同業の親しい友人たちと恒例の新年会。
今年も各々よい仕事が出来ますように。私もみんなに負けないようにがんばりますっ!
[PR]
by nagi-pott | 2012-01-05 19:07 | Comments(1)

今年もよろしくお願いします。

d0081001_2236497.jpg

あけましておめでとうございます。

工房の窓辺はシンプルな正月飾りが定番。
お供餅は切り餅入りの雪だるま風パックが苦手なので、ささやかなこだわりです。

新しい年が穏やかな優しい1年となりますように。


元旦は百々蔵さんも私も年賀状を書いて過ごしました。 元旦投函。。。遅い?^^;

d0081001_23511043.jpg

今年の百々蔵さんの年賀状はドヤ顔らしいです。
[PR]
by nagi-pott | 2012-01-01 23:58 | Comments(8)