<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

チクチク作品。

友人の結婚式に向け、チクチクと手芸工作など。

リングピロー。
d0081001_22355752.jpg


ハート型のワイヤーBOXに入れたデザインにするつもりが、花に埋もれて肝心のリングが・・・(汗
結果、シンプルな円形に落ち着きました。

ひとつ作ると楽しくて嬉しくてどんどん作りたくなっちゃうけれど、そうそうお祝い事もなく。
幸せグッズは嬉しさ倍増でとにかく楽しい制作でした。

お幸せに。
[PR]
by nagi-pott | 2010-09-30 22:48 | Comments(6)

ボーダーライン。

今日はお皿。

d0081001_1534381.jpg

焼くと小さくなるので、出来上がりが25cm強となると、制作時は30cmくらいで作ります。
粘土の種類によって収縮率が変わるので、違う粘土での色違いは制作時の寸法からして違います。

食器類のロクロ制作は大抵ロクロにドカーンと7kg程の粘土塊を乗せ、粘土山の上の方からチョンチョンンと作っては切っての繰り返しで量産します。
私の技術的に~といいますか、このくらいのお皿からがボーダーライン。
作り方を変えて、1個分づつ粘土を練って個別に亀板というモノの上で制作します。
1個づつだと制作粘土に無駄が無いので「余分な粘土を練らなくてよい=楽」だったりします。
作家さんによっては小さいものも全て個挽きだったりするようで、作り方もいろいろ。
[PR]
by nagi-pott | 2010-09-28 23:57 | Comments(0)

26

26日って何の日だか分ります?

「風呂の日」

車10分で札幌市内唯一の温泉地に行ける場所に工房を構え、初めて知りました。
温泉やスーパー銭湯など公共浴場では特典や割引などの設定があったりします。

私としては第2のウチ風呂のごとく、疲れた時には夕食後に日帰り入浴に出かけます。
フウフウ言いながら帰宅して湯上りビールが飲める距離はありがたい。
週末に粘土が800kg程届いた事もあってちょっと腰がボロけたので、ここ3日ほど連続温泉です。

で。
私が行く温泉の貴重品ロッカーは100円投入して使用し、解錠すると100円が戻るというモノ。
決して探してるわけではないんですが、連続して戻った取り忘れの100円に遭遇しております。
ロッカーの風景というのはかなり画一的というか規則的で、この幾何学模様のようなところに不規則なものがあると違和感といいますか・・・目につくんです。
仕事ゆえなんでしょうかね・・・。

以前「忘れ物~」とフロントに届けたら「申告する人は珍しいよ」と笑われたので、今回はGET!
昨日と今日で200円の臨時収入(笑) 心は微妙です。

皆様、お忘れ物にはご注意を。
[PR]
by nagi-pott | 2010-09-27 23:53 | Comments(2)

もうすぐ7歳。

百々蔵さんは10月に入ると7歳になります。
このところお誕生日は何にもお祝出来てないので今年こそっ!と思っていたのですが、
当日の仕事のスケジュールは微妙。
とりあえず何か美味しいものでも考えたいところです。

d0081001_122798.jpg

懐かしいパピー期の百々蔵さん。
MIX犬だけに、どんな大人になるんだろうと思いながら手探りの毎日。
まさかこの20倍になるとは・・・

d0081001_1284686.jpg

お家大好きでべたべたの甘えん坊に育った彼の望みは
「一緒にお昼寝して欲しい」とか、意外とささやかなものなのかもしれません。

それにしても百々蔵さん。
こんなに受け口のブル顔になるとは思わなかったよ。
[PR]
by nagi-pott | 2010-09-20 01:42 | Comments(2)

桜。

d0081001_23364413.jpg私の師匠である中村照子先生。

作陶50周年に加えて喜寿を迎えられ、
記念の個展が昨日から始まりました。

「札幌三越美術ギャラリー 9/14~20」

DM写真の作品は工房の桜を描いたものです。

工房を構えたときに植えたという桜は今やみごとな大木。
この桜はある意味で私の生家の桜。
そして私にとっての大木、照子先生そのものであります。

お祝いのたくさんのお花で溢れる会場に凛と立つ先生。
この猛暑に窯焚きして個展に漕ぎ着けてるだけでも恐るべし。

今日はそんな先生を誇らしく眺めながら、
会場で生けたお花を直したりと修業時代に戻ったようで
幸せな気持ちになりました。


業種なのか、既にオバサンの私もまだまだ若手。
いつか師匠孝行したいと思いながら、いつまでも甘えん坊です。
[PR]
by nagi-pott | 2010-09-15 23:35 | Comments(0)

千歳鶴。

今週は早々に取材予定が1件。
札幌の酒造メーカー・日本清酒株式会社。「千歳鶴」と言った方がわかりやすいですね。

新聞・雑誌等、年に5回くらいかなぁ、取材のご依頼をいただきます。

嬉しいことではありますが、嬉しいなら何とかしようよ!と思うのが仕事場。
片付けちゃうと仕事の効率が悪いって言い訳のもとに、作業台の上だけ整理してお迎えするパターンが身に付いてきました。
カメラマンさんもイイトコ撮りのプロの技を見せて下さるので、完全に甘えております(汗

困っちゃうのは本人撮影。
じゃあちょっと笑顔ください♪って。。。あげられません。

実は20代前半、何度かスチールモデルをしたことがあるのですが、当時は美人さんじゃなくてアバンギャルドな顔が流行っていたわけで、モチロン笑う必要もなく。
撮影の合間に「アイドル的な写真映りの方法」なんて話題があったはずなんですけどね。
しっかり聞いておくとよかったなぁ。トホホ

ライターさんの取材中に適当に撮っていただけると多分笑ってるんですけど(笑


取材の謝礼に日本酒をいただけるようで、何かなぁ~とかなり楽しみです。
[PR]
by nagi-pott | 2010-09-13 23:20 | Comments(2)

愛犬家の仕事。

d0081001_23443197.jpg


仕事の合間にちょこちょこ作るはずだったのに、数がかさむと時間がかかります。
手のかかるカタチにしちゃったのは自分ですけど。
犬用フードボウル。
他のお仕事を圧迫しないよう、1度に作るのは粘土60kg分と決めています。
割に合わないのは愛犬家精神でカバー(笑
[PR]
by nagi-pott | 2010-09-10 23:50 | Comments(6)

肌荒れの子。

ブル友情報あり。
札幌の飼育放棄犬でブルドックが収容されています。
http://www.city.sapporo.jp/inuneko/syuuyoukenn_jouhou/houkiken.htm

百々蔵さんがこんなベッタリ息子じゃなければすぐにも引き取りたい切なさ・・・

しっかり学んでから犬を飼おう!というのは、あちこちで言い尽くされているわけで、
それでも安易に飼ってしまったというのは、まだ想定できる流れと申しましょうか。
1歳とかなら腹が立っても想像がつくんです。
この子は推定5~7歳。
何年も一緒に過ごして、こんな仕打ちはないだろう・・・

正直なところ、私は安易に飼い始めた無知な人だったんです。
ブル系がこんなに弱く手のかかるものだとは思ってもみませんでした。
でも家族。出来る限りのことはしてあげたいし、なにより離れるのはあり得ない!

今の時代は解雇とか突然立ち行かなくなる想定外のこともあるから先なんてわからない。
皮膚疾患はお金も掛かる上に日々のケアが面倒でホントに手が掛かる。
がんばれなくなった特別な事情があるのかもしれません。
何か事情があったの?って思えるのは、この子が可愛がられて育ったやさしい顔してるから。
でも、せめてこんなに酷くなる前に受け入れ先を探す努力とか、愛情を示して欲しかった・・・。

近々の処分はないようですが、ナイーブなブルドック。
早く優しい飼い主さんに会えますように。
[PR]
by nagi-pott | 2010-09-06 22:47 | Comments(6)

謎の肉。

暑過ぎて命辛々の夏ですが、本日の京都はほぼ40度だそうで。。。
北海道人は30度を超えた時点で黄色信号ですから考えられません。
ようやく北海道は30度以下ってところでしょうかね。
過ごしやすい夜になってきました。

d0081001_002089.jpg

この写真、寝ています。
あと1カ月もすると7歳となる百々蔵おじさん。
この夏は相当辛い日々だったようで、おもちゃをかじるつもりが気絶??
なんてことも頻繁にありましてドキドキ。
なすがままのグウタラ息子を仰向けにしたりひっくり返したり、
少しでも風通しがよいよう、ヨイショ!ヨイショ!と動かすのですが、
ヤツはされるがままのドロドロです。。。犬か??


百々蔵さんで気になっているのが飛び出す肉。
d0081001_015327.jpg

ピロンと細い糸状に出ておりまして、両頬にでてきました。
特に気にはならなかったのですが、最近引っ掻いてしまい、先からたくさん血が出ます。
そのうちポロっと取れるだろうと思っていたのでちょっとビックリ。
病院に行くようなものでもなさそうですがなんだろう??
[PR]
by nagi-pott | 2010-09-05 23:53 | Comments(8)

デイサービス体験。

6月にopenしたデイサービス施設からマグカップのご注文を受けていました。
陶磁器でご希望の条件のモノはなかなか見つからなかったそうです。
でも、ホッと一息のおやつの時間にプラスチックや金属性のモノは使いたくないとのことでした。

d0081001_234341.jpg

出来上がったカップのデザインは、生成りと白の2色使いでシンプルなもの。
いつも私が作っているものとは違うけれど、条件をもとにアレコレ思案の末のものです。


けっこう悩んで作ったので、使うお年寄りのご様子も気になる。。。
なによりデイサービス施設って見る機会が無いので、自ら納品にお伺いすることにしました!

みんなでゲームしたり歌ったりするのかなぁ~と思っていたんですが。。。
デイサービスといいながら、ちょっとビックリのこの施設。
形成外科病院のリハビリ施設に近いといいますか、ヨガなどでひたすら運動。
しかもみなさん、すでに凄い筋力を身につけていらっしゃいます(汗
96歳のおばぁちゃんが片足2kgの重りをつけて運動してるっ!!
通ううちに膝などの痛みも取れて、荷重をかけた運動じゃないと物足りなくなったとのこと。
勧められてご一緒させていただきましたが、私は片足1kgで許していただきました。
自分に合った運動をするのが中心なら煩わしい人間関係も生まれないし、
お年寄り向けのスポーツクラブ風で、これっていいかもしれませんね。

別れ際に「また来てね~」とがっしり握るおばあちゃんの握力に嬉しい痛みを覚え、帰ってきました。


デイサービス春 札幌市中央区南9条西20丁目
[PR]
by nagi-pott | 2010-09-03 23:48 | Comments(4)