<< ギャラリートークのご案内。 HP閉鎖のお知らせ。 >>

誉日の箸置。

夜中の窯出しでようやく出てきた亀。
新しい紫と緑の色漆は焼成温度がつかめず、絶望的かと思いましたが、何とか滑り込み。
ギリギリですが、これから色味を仕上げして完成といたします。

11/15より開催予定の伝統工芸北海道展。
昨年の「四季の組皿」に続く、私のコラボ作品第2弾「誉日の箸置」です。
お正月はもちろん、幸多き膳を5人の作家で彩ります!

松 大野耕太郎 
竹 北川智浩
梅 降籏ゆみ
鶴 中村裕
亀 西村和

磁器2名・陶器2名に加え、今回はガラス・グラヴィール作家の降籏さんをお迎えして。
全員が1点モノ仕上げで臨むお祝いのクオリティーとなっております。
箸置きは手技を尽くすと1個が「ぐい呑か?」って事にもなりますので、個展でもなかなか出てこないもの。
数量限定ということで実現できた珠玉のsetですので、私も楽しみでなりません。
d0081001_0194858.jpg

[PR]
by nagi-pott | 2016-11-14 00:20 | Comments(0)
<< ギャラリートークのご案内。 HP閉鎖のお知らせ。 >>