<< 15周年。 暖かいって素晴らしい! >>

りんごかもしれない。

母が絵本を買った。
年末年始を挟む二人の孫の誕生日プレゼントは、中高生ながら、あえて絵本のようで。

「りんごかもしれない」を選んだ母についつい笑ってしまいました。
というのも、私が幼い頃「りんごの赤ってキレイかな?」って母に聞かれたことを覚えているから。

そんな母のもとで、兄はマザーグースの塗り絵の羊を紫に塗りあげ、世間の常識を肌で感じる第二子の私は奇想天外な紫の羊にアゴが外れるようなショックを受けたものです。

私はモノを作る仕事となり、兄は研究者となりましたが、本来の適性は逆だったのかもしれません。
母の贈り物を見て、アレコレ思いながら兄もまた笑うのだろうなぁ。
そして、姪っ子達が「「なんで絵本よ!」とかぶぅぶぅ言いながらも心に留めてくれることを願っています。
d0081001_2357489.jpg

[PR]
by nagi-pott | 2015-12-02 23:58 | Comments(0)
<< 15周年。 暖かいって素晴らしい! >>